外壁塗装についてExterior wall painting

満足度の高い外壁塗装をいたします

Exterior wall painting 外壁塗装について

柴田塗装が「真剣に 丁寧に」行う外壁塗装について、詳しく掲載しております。

外壁塗装

外壁塗装はお客様が所有している建物/お住いの見た目を良くするだけでなく、
その他にも、「防水効果」や「建物の保護」などの役割があります。

建物は日々、多くの環境要因や立地要因を受けています。特に紫外線や雨風、湿度といった様々な影響を受けることで次第に劣化をしていきます。建物を保護する保護膜が無くなる/劣化することで雨が建物内部に侵入し、建物全体が劣化していくリスクにも繋がります。

そのため定期的に大切な外壁に対してメンテナンスを施し、劣化を前もって防ぐことが重要となります。

外壁塗装を行う「適正な塗り替え時期」はいつか?

外壁塗装のメンテナンスを行う適正時期は新築住宅の場合で「5~7年」、通常は「7~10年」が一つの目安と言われています。
そして外壁塗装のメンテナンスを放置した場合、外壁の状態が更に悪化し、結果的にその後の費用が高くなる傾向にありますので、最低でも10年に一度はメンテナンスを施すことをオススメします。

また「シリコン系の塗料」や「フッ素系の塗料」等をお使いいただくことで、少し施工費用は高くなりますが、塗り替えに必要な周期を伸ばすことができます。柴田塗装ではお客様のご予算に応じた、お勧めの外壁塗料をご提案しております。お気軽にご相談ください。

防水工事

防水工事は建物の寿命を伸ばすために必要不可欠なものです。
早めに防水工事を施さないとやがて、ひび割れが大きくなり雨漏りや屋内の腐食に繋がります。

人と同じように建物も早めに予防策を打ち出すことが大切です。
防水工事を施すことにより、建物の劣化を防ぎ止めることが出来るので、長い目で見たときに修繕費用を抑えることが出来ます。

また、防水工事には塩ビシート防水やウレタン防水、FRP防水などの種類が複数あり、それぞれ強みや特性が異なります。お客様のご希望の施工箇所とマッチする防水施工をご提案しています。

防水工事の種類の紹介とそれぞれの特性について

ウレタン防水の特徴・強みについて
【ウレタン防水の強み】

ウレタン防水は「施工場所を選ばない」といった優れた特徴があります。
他の工事方法に比べて、施工箇所に馴染みやすく、材質や形・広さに左右されることなく施工が可能です。
屋上やバルコニー、飲食店の調理場等、幅広い場所で活躍します。

【ウレタン防水の短所】

短所としてはやや耐久年数が短い点です。ですが、定期的にトップコート(防水の役割がある層を守る層)を施すことで、耐久年数を延ばすことが可能です。

 

FRP防水特徴・強みについて
【FRP防水の強み】

FRPとは「ガラス繊維強化プラスチック」のことを指し、その特徴として「防水性が高い」「荷重や摩耗に強い」「軽い」といった特徴があります。

【FRP防水の短所】

魅力的なFRP防水ではありますが、短所としては「施工/メンテナンス費用が少し高めになる」「施工場所が限られる」
といった点も考慮しなければなりません。

そのため、施工費用が少し高くても、防水性や耐荷重・摩耗性が高い施工をご希望の場合、おすすめをしております。

 

塩ビシート防水の特徴・強みについて

塩ビシート防水には以下の2つの施工方法があります。
1つめは「接着工法」で、工事場所の痛みが少ない場合に適しています。
2つめは「機械固定工法」で、施工場所の損傷が激しい場合に使用する工法です。

【塩ビシート防水の強み】

塩ビシート防水の大きな強み特徴として、紫外線・熱に対して強い、メンテナンス費用が安価な点が挙げられます。
そのため、メンテナンス費用を抑えたい方や屋上などの屋外に工事を考えている方に向いているといえます。

【塩ビシート防水の短所】

塩ビシート防水の弱みとして凹凸があるような屋上の場合、工事が難しい点があります。
施工を行う際は平らな場所である必要があります。

 

アスファルト防水の特徴と強みについて

アスファルト防水には「熱工法」「トーチ工法」「機械固定工法」「冷工法」といった4つの工法が存在します。

アスファルト防水は古くから使用されており、信頼性の高い施工方法です。
防水性・耐久性共に優れている点も、信頼性の高い理由と言えます。
しかし、工事の難易度が高いため、技術力の高い施工業者にて行う必要があります。

 

雨漏り補修

雨漏りは見つけ次第、早めに補修することが望まれます。
そのまま放置しますと、「木材の腐食」や「湿気の多い場所を好む害虫の繁殖」
建物内部を蝕んでしまいます。

こういった状況とならないために、雨漏り修理は早い段階で「予防」として
対策することをおすすめします。

 

雨漏り修理の主な施工場所について

外壁のひび割れ修理

ひび割れが外壁にある場合、雨漏りの原因に繋がります。
ですので、補修のためにシーリング材というものを使用して補修を施すことが重要です。

シーリング材でひび割れ部分を埋めることで雨水の侵入を防ぐことができます。
雨水が侵入してからでは遅いので、ひび割れに気づいた時点で補修を施すことが重要となります。

雨樋の修理

雨樋は屋根から流れた雨水を排水する役割があります。
経年劣化や台風の被害で破損したまま、放置していまいますと、正常に雨水が流れ落ちず、地盤の腐食や雨漏りに繋がります。
ですので、早い段階で修理することが重要となります。

外壁の状態を保つことはとても大切なことです。
外壁の美観だけでなく、雨漏りや腐食の対策として外壁塗装や防水工事を前もって施すことで建物内部の状態を保つことに繋がります。

ご予算に応じた施工内容のご提案も可能です。まずはお気軽にご相談下さいませ。

 

ページ
最上部
TOP
PAGE
お問い
合わせ